• トップ
  • エルメスバーキン素材一覧

エルメスバーキン素材の紹介

こだわりのある、非常に上質な素材を使用しているエルメス。 素材によってもバーキンの雰囲気が異なるという楽しみがあります。 経年による風合いの出方もそれぞれで、素材を知ることで、よりいっそうバーキンの魅力の虜となるでしょう。

バーキン素材牛革
トゴ バーキンの素材 トゴ Veau Crispe Togo 1997年に発表された、正式名称をヴォー・クリスペ・トゴと言う、雄の子牛革を使用した素材です。 最もポピュラーであり、エルメスの定番とも言えます。 深めの斑(革目)を持ち、血管の筋が出ているものもありますが、皮の風合いをそのままの状態で使用しているため、個性を楽しむことができます。 適度な柔らかさがあり、傷擦れに強く、大変扱いやすい素材です。
トリヨンクレマンス バーキンの素材 トリヨンクレマンス Taurillon Clemence エルメスの中でも主にガーデンパーティに使用されている素材です。 雄牛の革をそのまま使用しており、適度な張りのある、柔らかすぎない質感となっております。 ほどよい斑があるため、傷や擦れに強く、普段使いにも最適です。
フィヨルド バーキンの素材 フィヨルド Vachette Crispe Fjord 正式名称を「ヴァシェット・クリスべ・フィヨルド」と言い、雌の子牛の革を使用した素材です。 自然な革の風合いをそのまま使用しており、個性を楽しめる革となっております。 トゴより柔らかめで、クレマンスよりも少し強い張りがあります。 傷や擦れに強く防水性に優れているため、デイリー使いに最適な素材です。
ヴォーエプソン バーキンの素材 ヴォーエプソン Veau Epsom クシュベルの廃番後、後継素材として発表されました。 細かい型押しが施され、硬い質感でありながら軽量で持ち歩きやすい素材です。 傷擦れや水濡れに強く、型崩れもほとんどありません。
ヴォースイフト バーキンの素材 ヴォースイフト Veau Swift 雄の子牛革を使用した、滑らかで比較的柔らかい質感です。 斑(革目)は浅く、軽めの素材でありながら、高級感も併せ持っています。 大きな型崩れはせず、手に馴染む程度の使用による変化を楽しめる素材です。 小さな傷や擦れは、お手入れによって目立ちにくくすることが可能です。
ヴォーバレニア バーキンの素材 ヴォーバレニア Veau Barenia 滑らかな革素材の中でも、カジュアル感も併せ持つ素材です。 雄の子牛を使用した革で、初めはマットな質感がありますが、使用に伴って艶感の出るレザーです。 防水性は高いですが、深い傷には注意が必要です。
ボックスカーフ バーキンの素材 ボックスカーフ Veau Box 生後3~6ヶ月の雄子牛の革を使用した素材です。 なめし液に浸す時間が短時間なため、硬さがあり、高価な革の質感があります。 表面はガラス加工が施され、水シボと呼ばれる一方向へ流れる繊細なシワが微かに見られます。 美しい光沢と滑らかさが特徴です。
アルデンヌ バーキンの素材 アルデンヌ Vachette Grainee Des Ardennes 正式名称を「ヴァシェット・グレネ・アルデンヌ」といい、雌牛の革を使用した素材です。 現在は廃番となっておりますが、人気素材の一つだったために中古品でも比較的出回っています。 プレス型押し加工のため適度なサイズの斑は均一で、カッチリとした硬めの質感があります。 頑丈で傷や濡れにも強く、一生モノとしてお持ち頂くには最適です。 後継素材はヴァッシュリエジェとなっております。
クシュベル バーキンの素材 クシュベル Veau Graine Couchevel 正式名称をヴォー・グレネ・クシュベルと言い、雄の子牛革を使用した素材です。 以前は大変に人気のあった素材ですが、現在は廃番となっており直営店では手に入らないため、希少価値が高くなっております。 光沢のあるガラス加工と、後継素材のエプソンより少し深めの型押しが施されています。 しっかりした質感がありながらも、軽量で、傷擦れや水濡れに強く扱いやすい素材です。
ページ上部へ
バーキン素材山羊
シェブルミゾル バーキンの素材 シェブルミゾル Chevre Myzore
コロマンデル バーキンの素材 コロマンデル Chevre Coromandel
ヴィブラート バーキンの素材 ヴィブラート Vibrato 山羊革を何層にも重ねたて作られております。 様々な色に染めた革を使用し、裁断面を見せることによって縞模様のような柄を見せている、アート作品のような素材です。 近似色を使用したものが一般的ですが、色や幅を変えたカラフルなヴィブラート・スニップもございます。 現在では廃番のため、希少価値が高くなっております。磨きのできない革素材ですが、特殊な技術で作られるだけに偽物もできないと言われています。
ページ上部へ
バーキン素材バッファロー水牛
ブッフル バーキンの素材 ブッフル Buffle
ダルメシアン バーキンの素材 ダルメシアン Dalmetien
ページ上部へ
バーキン素材クロコダイルワニ革
ポロサス バーキンの素材 ポロサス Crocodile Porosus Lisse ポロサスは、クロコダイルの中でも「スモールクロコダイル」と呼ばれるワニを使用した、最高級素材です。 ウロコの四角さと、それが細かく揃っていることが特徴です。 「シャイニー」「セミマット」「マット」仕上げの3種類があります。 現在では入手困難なため、エルメスが独自養殖をしているワニの革を使用しており、大変に希少価値が高くなっております。
ニロティカス バーキンの素材 ニロティカス Crocodile Niloticus Lisse ニロティカスは、クロコダイルの中でも「ナイルクロコダイル」と呼ばれるワニを使用した最高級素材です。 ポロサスより大きめの斑ですが、比較的細かく丸みのある長方形のウロコがが綺麗に揃っていることが特徴です。 バーキンとニロティカス素材の組み合わせは適度な存在感があり、品の良さがさらに増します。 現在では入手困難な為、エルメスが独自養殖をしているワニの革を使用しており、大変に希少価値が高くなっております。
アリゲーター バーキンの素材 アリゲーター Crocodile Alligator Lisse アリゲーターは、別名「ミシシッピーワニ」と呼ばれるアメリカに生息するワニです。 ワニ革の中で唯一、斑の中にある点状の穿孔という模様が無く、クロコダイルに比べると大きめのウロコが特徴です。 現在では大変に希少な素材となっております。
ニロティカスマット バーキンの素材 ニロティカスマット Crocodile Niloticus Mat
アリゲーターマット バーキンの素材 アリゲーターマット Crocodile Alligator Mat
ページ上部へ
バーキン素材オーストリッチ
オーストリッチ バーキンの素材 オーストリッチ Autruche オーストリッチは、ダチョウの革を使用した素材です。 「クィル」や「シボ」と呼ばれる羽毛の痕が全体に散らばっており、水玉のような模様となります。 カラー展開も豊富で、柔軟性のある軽量で丈夫な素材のため、様々なモデルで使用されています。
ページ上部へ
バーキン素材リザード
リザード バーキンの素材 リザード Lezard
リザードナチュラ バーキンの素材 リザードナチュラ Lezard Natura
ページ上部へ
バーキン素材その他
トワルアッシュ バーキンの素材 トワルアッシュ Toile H
トワルジーン バーキンの素材 トワルジーン Toile Jean
ページ上部へ